金サワ489のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美ヶ原雪中キャンプツーリング

今年も残り僅かになりました。

ようやく学校も冬休みに入ったことだし、北海道への足慣らしを兼ねてカブで冬道ツーリングに行ってきました。
行き先は取りあえず景色が良くて寒そうな長野県の美ヶ原。



久々に画像が大量なので追記に書いておきます。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/12/29(土) 00:41:04|
  2. スーパーカブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOREL GLACIER

去年の年越し北海道ツーリングで一番寒かったのは足。

着膨れしてた関係で上半身はそれほど寒くなかったし、同じ末端部でも手はハンドルカバー+グリップヒーターで問題無かったのですが、足先がとにかく寒かった・・・
安いゴム長靴を履いて行ったのですが、蒸れて冷える上に底の厚さが1cmくらいしかなく、-2、3℃でも雪の上に立っていると冷たさがモロに伝わってきました。
走行中は中にカイロを入れておかないと"冷たい"を通り越して"痛い"に変わってきます(笑)


てな訳で、靴に関しては妥協したくなかったので今年はちゃんとした防寒ブーツを導入することに。


雪国では定番らしいソレルの中で候補をあげてみる。


・カリブー
f12_nm1000_281
超定番(らしい)。-40℃対応。普通の冬のツーリングでも使いやすそうだけど革を使ってるので高い。


・ベアー
f11_nm1023_010
-51℃対応。インナーの厚さはカリブーと同じ9mmだけど膝下までカバーされていて深雪でもOK。安い。


・グレイシャー
f12_nm1042_010
-73℃対応。ベアーをさらにゴツくしたようなものでソレルの中では最強。カリブー、ベアーとは異なりインナーの厚さが14mmもある。





んで、選んだのはグレイシャー。-73℃(華氏-100°F)というスペックに惹かれましたw

IMG_2529

去年使ったゴム長靴との比較。箱から出した瞬間、ソールの分厚さと巨大さにびびりました。
ちなみにサイズはどちらも同じ27cmです。


こんな靴でカブを運転できるのかっつー問題ですが・・・
IMG_2527

シーソー式のシフトペダルのお陰で変速操作はまったく問題なし。普通の靴に比べて半クラとか微妙な操作がやりづらくなりますが、まぁ雪道でそこまで凝った操作はしないと思うので。。
むしろ気になったのは右足のブレーキで、片方で1kg以上ある靴の重みのせいで意識してつま先を上げていないとペダルを軽く踏んでる(ブレーキを僅かに引きずってる)状態になることが判明。


これにはブレーキペダルのスプリング強化で対応しました。

IMG_2521
エンジンを固定してるボルトに適当な高ナットをかましてダブルスプリング化。
そこそこペダルが重くなりました。普通の靴でもこれで良い感じかも。



年末はこれとお古のスパイクタイヤを履いてスノーアタックでもしたいなぁ~

  1. 2012/12/23(日) 14:56:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

カナサワ

Author:カナサワ
.
IMG_9236


金サワ489というのは…かつての急行"能登"で使用されていた金沢の489系、ボンネット車が好きだったからですが、最近は鉄道から遠ざかっておりブログの内容と関係なくなりつつあります。



埼玉県南部住在の学生。自転車、バイクツーリングの記録やその他思いついたことを適当に書きます。




※2012,2,18までの記事はこちらで公開しています。







愛車・・・
・丸石エンペラーツーリングマスター
・スーパーカブ50カスタム改90
・ベンリィCD125T

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
自転車 (1)
スーパーカブ (26)
カブで日本一周(実況) (11)
冬季北海道ツーリング (14)
CD125T (9)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。