金サワ489のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CD125Tの積載強化

今まで箱付きのカブに乗っていたせいか、荷物を「収納」するスペースが無いCD125Tは不便。
てなわけでCDにも箱を付けました。

IMG_0156


リアボックスはJMSのラゲージL。
日帰りからキャンプツーリングまで対応できる、デカすぎず小さすぎずな容量(50Lくらい)の安いホムセン箱で良さげなものがなかなか無く、少し高価でしたがバイク用の箱にしちゃいました。

IMG_0153
取り付けは今まで付けたホムセン箱と同じように底部にベニヤ板を張り付けた上でボルトで固定。
あとは蓋の上に荷物を載せた際の落下防止用の柵を取り付け。


この箱、FRP製なんですが予想以上に薄っぺらくて転倒したら割れやすそう。
穴開けする時もホムセン箱よりも簡単に穴が開くし、鍵をかけても蓋をちょっと歪ませるだけで簡単に鍵が開いちゃいますw
蓋が90°以上開かないようなヒンジになっているようですが、一定の所でしっかり止まる感じは薄いです。

高価なくせに(無加工だと)強度や使い勝手でホムセン箱に負けている気が・・・まぁしばらく使ってみますかね。



IMG_0160
これは常時付けるわけではないですが、タンクバッグも導入。

ヘンリービギンズのHBタンクバックMIL/A5エグリというもので、その名の通り底部にタンクキャップの逃げがあってCD125Tにもぴったり付きました。
容量は少ないですが主にマップルとスマホナビを入れて使うので十分。



IMG_0157
あと、長距離の疲労軽減を考えて汎用のメーターバイザーを取り付け。

夏でも何かしら風よけが欲しかったんですが、東京風防とかが出している帆布のタレ幕付きのデカい風防を付けると空気抵抗も増えそうだし、大袈裟かなぁと思ってました。
このバイザーは透明なんで見た目にも違和感は無くて良い感じ。
風防ほどの効果はないですが、スピードを出した時や伏せたときに風当たりが多少和らぐのが実感できます。



そんな感じでCD125Tも理想のツーリングバイクに近づいてきました^^
原付二種にしては車格があって楽だし、航続距離は400km以上、カブほどじゃないけど荷物もそこそこ積める
125ccの下道ツアラーとしてはなかなか最適な車種じゃないかと乗るたびに思います。。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/27(木) 18:56:31|
  2. CD125T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テント新調 | ホーム | 久々のMT車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tc489501.blog.fc2.com/tb.php/73-cebd52b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カナサワ

Author:カナサワ
.
IMG_9236


金サワ489というのは…かつての急行"能登"で使用されていた金沢の489系、ボンネット車が好きだったからですが、最近は鉄道から遠ざかっておりブログの内容と関係なくなりつつあります。



埼玉県南部住在の学生。自転車、バイクツーリングの記録やその他思いついたことを適当に書きます。




※2012,2,18までの記事はこちらで公開しています。







愛車・・・
・丸石エンペラーツーリングマスター
・スーパーカブ50カスタム改90
・ベンリィCD125T

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
自転車 (1)
スーパーカブ (26)
カブで日本一周(実況) (11)
冬季北海道ツーリング (14)
CD125T (9)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。